軽自動車は低燃費・税金が安い・コンパクト

葉

軽自動車が選ばれる理由

  1. ホーム
  2. 軽自動車が選ばれる理由

軽自動車が選ばれる理由

軽自動車は税金が安い! 燃費が良い!運転がしやすい! 狭い道で使いやすい!

いまや日本国内で保有されるクルマの3台に1台を占めるほど、社会にしっかりと根づいている軽自動車。
選ばれている理由には「税金が安い」「燃費が良い」「運転がしやすい」「狭い道で使いやすい」といった特性が挙げられます。
1949年に規格が制定されて以来、実用性を高めてきた軽自動車は、日本の国にぴったりの乗り物としてかけがえのない存在なのです。

走る車

軽自動車が選ばれている理由とは?

なにより経済性にすぐれて、使いやすいから。
コンパクトで省スペースな車体ならではです。

いまや日本国内で保有される車の3台に1台を占めるほど、社会にしっかりと根付いている軽自動車。
1949年に規格が制定されて以来、実用性にすぐれた乗り物として日本の国になくてはならない存在なのです。

燃費、価格、税金がうれしい!

軽自動車の選択理由:経済性
経済性

縦列駐車もカンタンうれしい!

軽自動車の最小回転半径は4.5m*。小回りが聞くので、わずかなスペースでの駐車もらくにできます。
また専有面積約5㎡の省スペース性は、渋滞の緩和にもひと役かっています。
※「自動車ガイドブック vol.60 2013~2014」日本自動車工業会のカタログに掲載された軽乗用車の平均値

軽自動車の選択理由:使いやすさ
使いやすさ
縦列駐車

狭い道もラクラクうれしい!

日本の道路の約84%は、道幅平均3.8m※の狭い市町村道。
車幅1.48m以下の小さい軽自動車なら、市街地の路地や農道もスムーズに。対向車とのすれ違いも安心です。
※一般道路全体の平均幅員は4.3m

一般道路に占める市町村道の割合
一般道路に占める市町村道の割合
日本の道路の約84%は、道幅平均3.8m※の狭い市町村道。

軽自動車がエコな乗り物と言われる理由とは?

車体が小さく軽いため、低燃費だから。
環境への負荷をやさしく抑えているのです。

軽自動車の排気量は、660ccという小ささ。燃料の消費量が少なくて済むので、CO2排出量の抑制に役立ちます。
そのうえ、生産に必要な材料やエネルギーなどの消費量も少ないことから、省資源を実現できます。

CO2排出量が少ない

軽乗用車の平均燃費1Lあたり26.2km

▼ 平均燃費

平均燃費

省資源に貢献

軽乗用車の重量は普通・小型乗用車の約6割

▼ 車両重量

車両重量

道路にもやさしく

軽乗用車の道路損傷度は 普通・小型乗用車の1/7

▼ 道路損傷度

道路損傷度
PAGE TOP