軽自動車・軽二輪車の規格

葉

規格等について

  1. ホーム
  2. 規格等について

規格等について

軽自動車・二輪車とは?

軽自動車は、乗車定員4名以下又は最大積載量350kg以下の個人用モビリティとして、車の大きさを必要最小限(車体の長さ3.4m以下、車体巾1.48m以下、 エンジン排気量660cc以下)に制限しています。

その制約された規格の中で軽自動車は、格段の省エネルギー性・省資源性および省スペース性を持たせ、 安全性を確保しつつ、廃棄物量も少ない車両として広く普及させることにより、 モーターリゼーションにともなう社会的損失(炭酸ガス排出、道路、橋梁等の損傷、駐車面積の占有、廃棄物排出等)を極力抑制することを目的とする車両であります。

また、二輪車は、環境にやさしく優れた経済性を持ち合わせた乗り物として、通勤、通学、買い物などの日常生活に広く活用され、約1200万台が保有されています。
車体のコンパクトさにより、市街地等での迅速な移動手段として優れており、利用を促進することで交通渋滞の緩和が期待できます。

走る車
バイク
軽自動車・二輪車とは?
軽自動車は小排気量(660cc)で燃費が良く、使用する原材料も少ないため、
小資源・省エネルギーに優れた環境に優しいクルマとして社会に貢献している。
平均燃費
車両重量
アスファルト舗装道路の損傷度は自動車の軸荷重(車両重量)の4乗に比例する。
軽自動車は車両重量が軽く、道路への負荷が極めて小さい。
道路損傷度
軽四輪車の新車販売台数と保有台数の推移
 軽四輪車の新車販売台数と保有台数の推移
PAGE TOP